« 夏期特別教室「台湾茶を知る」 | トップページ | 胡瓜の辛子漬け by 口福届け隊 »

2011年9月10日 (土)

石巻で「希望の缶詰」を洗浄

石巻にある水産会社「木の屋石巻水産」は、
缶詰や鯨の加工品で人気のあった会社ですが、
海辺すぐのところにあった工場とまだ新しい店舗が
今回の震災で壊滅状態になってしまいました。

被害を見て回るのは、被災者の方にとっては、
物見遊山をしているだけの人でしかないからと思うので、
前回は炊き出しを終えて福祉施設を訪問したあとは
まっすぐ帰ってきました。

けれど、今回、木の屋さんで1日だけですが
お手伝いをさせていただいたときに、
是非見て帰ってください、と、ご案内くださり、
しっかりと見届けてきました。

一つ一つ、そのときの状況をうかがいながら見る木の屋さんは
説明無しに見ただけではわからない怖さがありました。

その凄惨な状態は、
どう頑張っても私のカメラでは伝えきれないと思い、
これは私が撮るべきではないとも思い、この目に焼き付けました。

一階は天井も壁もはぎ取られ、中は瓦礫で足の踏み場がなく、
二階をゆうに超える高さのところに津波のあとがあります。

70cm沈下したという地盤の側溝は地面ギリギリのところに水面があり、
満潮時には海水が吹き上がってきそうな、
先日の台風12号の時にはふくらはぎぐらいの高さまで冠水したそうです。

工場に2本立っていたコンクリートの太い煙突は、
震災直後はかろうじで立ってたのですが、
その後高さのある方が根元から折れたそうで、
隣の建物にまたいで倒れていました。

海岸沿線はそんな危険な状態の建物が多く、
海水があふれ、乾けば土埃が舞い、
自衛隊が早々に取り払ってくれた瓦礫は
ビルほどの高さに山積みされていました。
瓦礫の間から育っている雑草の青さが
そこに置き去りにされている時間の長さを物語っているようでした。

木の屋さんでは、3月からはラインの変更で缶詰の生産を止めるので
それまでにストップしている間の缶詰を作って在庫して置くそうです。

在庫がフルの状態だったことろにきた地震と津波だったのです。

80万個あった缶詰は津波で一気に流され、
その後3キロ離れたところからも見つかったとか。

体育館ほどの広さ高さの倉庫の壁は
鉄筋とブロックで出来ているからか、大きく膨らんではいるものの、
崩れ落ちずに津波の力に耐えて残っている面がありました。

そこが吹きだまりのようになったのでしょう。
かなりの数が流されていったとは言え
缶詰達が何十万個も、
何メートルもの高さまで津波が運んだ泥に埋もれていたそうです。

それを4月から掘り出して、洗浄して。
フジテレビが取り上げてくれたことで
「希望の缶詰」と呼ばれるようになりました。

海水で錆がひどくならないようにひたすら洗って泥を落とす。
これなら数時間お手伝いするだけでも役に立てる、と、
前回洗浄作業をするつもりでいたのですが、
時間が無くなり何も出来ないまま帰ってしまいました。

なので、今回は1日8時から16時まで、
前回できなかった分も、と、行ってきました。

被害が少なかった関連の場所(とは言え全壊ですが)で、
洗浄作業をやっています。

入り口にあるボランティアに来られた方々の寄せ書きには
熱い応援メッセージが書かれてあります。

110909_01

泥にまみれ、油にまみれ、ヘコミから染み出た缶汁にまみれた缶詰達。

110909_02

運ばれてきた缶詰に放水して、まずはザックリと汚れを落とします。
この水色のカゴ、よく見ると豆腐のブランド名が入ってる。
聞けば、作り替えるところで在庫があるからと、
豆腐メーカーが寄付してくれたそうです。
すごい数です。

110909_03

1缶ずつ丁寧に洗浄する社員の皆さんです。

110909_04

たわしで泥と油をこすり落とします。

110909_05

次に、プルトップリングの付け根あたりの汚れを、
歯ブラシで丁寧に落とします。

110909_06

最後に一缶ずつ丁寧に拭いてチェック。

110909_07

と、そこで終わりじゃないんですよ。

この缶詰、ラベルがありませんので、
今度は別の場所に持って行って選別作業をするんです。

缶の裏に書いてある文字を読み取って種分けするのですが、
消えかけている文字もあり種類がわからないものも出てきます。

どれも根気のいる仕事です。
4月から始まった缶詰洗浄は
10月の終わりか11月に終了出来そうだとか。
一日中水に手をつけている作業ですので、
なんとか寒さが訪れる前に終われば、と、祈るばかりです。

現在「希望の缶詰」は、缶詰を購入するという形を取って、
支援くださった方にお礼として送られています。

下記のようなFAX用紙があるのですが、
A4に拡大するとボケてしまうかなー。そのときはゴメンね。

284505_222145854497961_183676098344

お茶タイムのおやつに焼いて行ったガトーショコラ。
軽い甘さなので女性にはウケが良かったようです♪
男性も食べてくださいましたが、こうしてみると、
つまみのようなものの方が良かったようですねー。

110909_08 110909_09

|

« 夏期特別教室「台湾茶を知る」 | トップページ | 胡瓜の辛子漬け by 口福届け隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏期特別教室「台湾茶を知る」 | トップページ | 胡瓜の辛子漬け by 口福届け隊 »