« 札幌でナポリピッツァ | トップページ | ビオデナミコでペコリーノ・トスカーノ »

2011年10月22日 (土)

東北沢の蕎麦「八百孝あさひ」

東北沢の駅から北に歩いて
井の頭通りに出る少し手前に
「八百孝あさひ」があります。

ご主人は、
出張蕎麦をされていた頃の、
今は黒森庵の加藤さんの元で修行され、
その後、ルヴァンの店長をしていたという経歴の持ち主。

だから、店で使う食材選びは自然であり天然であり。
動物性のものや砂糖を使わず、
素材そのもののデリケートな旨味を生かした、
マクロビと言える蕎麦屋さんです。

蕎麦つゆには欠かせない鰹を使わず作ったつゆは、
何年も寝かせた天然の羅臼昆布の奥深い旨味を引き出し、
椎茸などの植物性の旨味と合わせて複雑な味わいにし、
これ以上はそぎ落とせないような繊細さに仕上げたつゆです。

このつゆを頼りないとか水っぽいと言う人はいると思います。
かくいう私も初めに思ったことは、
「京都のじん六のつゆとどっちが薄いかなー」

けれど、
エッジの立った蕎麦の香りや味が引き立つそのつゆは、
薄いのでも水っぽいのでもなく、きちんと役割を果たしていました。

つゆにそれだけシャープでデリケートな気遣いをしてるのですから、
他の食材もしかりです。

店名になっている「八百孝」は、
ルヴァン店長時代についたニックネーム、
八百屋の孝ちゃんからきていて、
良い野菜を仕入れて店頭で売っていたからだとか。
そんなこともあって、
パワフルな美味しさを持った野菜があさひでは食べられます。

500円から予算に応じてアレンジしてくれる野菜は
種類が多く変化に富んでいます。
野菜が不足がちになる蕎麦屋においては実にありがたい。

111002_01111002_02

お店に唯一ある動物性はだし巻き卵。
ホントにお薦めしたいと思う卵があるので、とのことで、
卵焼き好きの私にはなんて良いお店なんだぁ~!です。

一見無口に見える店主さんは、
穏やかな口調で丁寧に食材のことを話してくれます。

111002_03111002_04 

ゆであげた蕎麦を洗う時には、
手先だけでなく腰でリズムを取って。

111002_05 111002_06

ツヤのあるエッジの立った細打ちの蕎麦はこうして生まれます。

111002_07

もりに加えてこの日はかけもいただいちゃいました♪
モロヘイヤのぬめり、蕎麦に合います。

111002_08111002_09

あさひではなんと、美味しいコーヒーもあるのです。
豆を厳選し、ゆっくりと丁寧に淹れたコーヒーです。

111002_11111002_12

良いものを作っていればわかっていただけると、
語りすぎずのあさひさん。
実はお店を続けていくのが厳しい状況、と、
マクロビで人気のあるオーガニックベースを経営している奥津さんが
知らせてくださいました。

そして奥津さんのブログでの声がけで
マクロビの方達の応援の輪が広がり始めているようですが、
マクロビだからというのではなく、
良いお店と思うから、
こういうスタイルの蕎麦屋あっても良いと思うから、
何よりも美味しい蕎麦を打たれる人だから、
皆さんに知ってもらおうとブログに書きました。

八百孝あさひ
東京都世田谷区北沢4丁目32-26
03-3485-7785
12:00~15:00 18:00~22:00
定休日 火・第3月曜日

|

« 札幌でナポリピッツァ | トップページ | ビオデナミコでペコリーノ・トスカーノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 札幌でナポリピッツァ | トップページ | ビオデナミコでペコリーノ・トスカーノ »