« 11月料理教室 | トップページ | おかずのクッキング1月号 »

2011年12月 2日 (金)

日本一贅沢なミラノの朝食

神戸の中心地三ノ宮を過ぎた西の端、
JR舞子駅からつながる明石海峡大橋ふもとの
海岸通りにあるホテルセトレは、
全室オーシャンビューで開放感にあふれ、
夜の大橋のライトアップが絶景。

全室と言ってもその規模は23室。
なんとも贅沢な造りのホテルです。

セトレのレストラン「ミア・アルベルゴ」では、
ミラノの老舗レストランの
「アンティーコ・アルベルゴ」で修行した総料理長による
本場ミラノの味を楽しむことができ、

朝食には、
シェフがアドリア海のホテルで感動したと言う最高の朝食を
更に超える朝食を食べていただきたいと誕生させた
贅を尽くした「日本一贅沢なミラノの朝食」が
なんとルームサービスされるんですよ~。

111202_1

どれから食べようかと目移りすることしばし。

スライスしたての薫り高い生ハム?
おろしたてパルミジャーノがいっぱいかけてあるサラダ?
それとも熱々のパニーニ?

いや、まずはやっぱりコンソメスープだな。
9時間かけたというコンソメは、
部屋に運ばれてきたときから美味しい香りを放ってるんだもんね。

111202_3

そして、ティラミスの口溶けがねぇ、たまらないんだわ。
こっちまでとろけてしまうじゃないかっ!なんだわ。

111202_4

ゼラチンで固めたり脂っぽかったりするティラミスが多い中、
本物の美味しさを伝えたい、と、
シェフが徹底的にこだわり抜いて再現したと聞いて納得した、
天使の口溶けでした。

|

« 11月料理教室 | トップページ | おかずのクッキング1月号 »

コメント

先生、素晴らしい景色に素晴らしい朝ご飯は、なんとも羨ましいかぎりです。

投稿: こいけ | 2011年12月 3日 (土) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月料理教室 | トップページ | おかずのクッキング1月号 »