« おかずのクッキング2・3月号 | トップページ | 1月の料理教室 »

2012年1月29日 (日)

神楽坂の蕎麦「東白庵かりべ」

神楽坂に蕎麦屋が増えてきて
激戦区になってきているそうですね。

その中で注目のお店の一軒、
「東白庵かりべ」に行ってきました。

六本木ヒルズの竹やぶが撤退して、
どうなるんだろうなーと思っていたら、
神楽坂であっと言う間に人気店になっていました。

時間が悪かったのかいつもなのか、30分あまり待ちました。
並んで待っている店外に、
小さな電気ストーブが置いてあるのですが、
寒さしのぎにはなりませんね。
風がなかったのが救いでした。

初めての訪問なので、
オーダーはいつもの定番、卵焼きとせいろです。

蕎麦掻きも頼みたかったのですが、
卵焼きが2人分からとなっていたので、
卵4個分の卵焼きを取って蕎麦掻きをあきらめました。
どんだけ卵焼きが好きやねん! …です。ははは。

でも、厨房の中から「1人前でもぜえl~んぜんオッケーだよ」と、
お運びの人に臨機応変に対応しなさいと言いたげなライトな声が。

おかげで2個分の卵焼きで受けてくれました♪

まずは胡麻豆腐がお凌ぎで出てきました。
冷えてる胃が早くよこせと迫ったもんで、
食べてる途中写真です(笑)

120129_1

食べてみると4個分はオッケーだったかも。なぁ~んてね。
フンワリ熱々が、一気に身体を温めてくれました。
ほんのり甘さのある薄味です。

120129_3

卵焼きが少なくてすんだ分、野菜の天ぷらを注文。
ごぼうの噛み応え、蕪のみずみずしさ。
そしてそれらの皮の香ばしさが口いっぱいに広がります。

120129_2

せいろは石臼を思わせる器に入ってやってきました。
なんだか遊び心のある楽しい器です。

120129_4

蕎麦の間からすのこが透けて見える量はさすが竹やぶ系です。
見た目も味もとても美しい蕎麦で、もう一枚!と言いたくなるところですが、
これまたさすが竹やぶ系なので、おとなしく一枚にしておきました(笑)

120129_5

今度は友人を連れて神楽坂蕎麦屋めぐりをしようと思う。

|

« おかずのクッキング2・3月号 | トップページ | 1月の料理教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おかずのクッキング2・3月号 | トップページ | 1月の料理教室 »