« 3分クッキング3月号 | トップページ | 2月の料理教室 »

2012年2月21日 (火)

新宿葱と飛騨葱

「しんじゅく」ではなく「にいじゅく」。
葛飾のほうにある地名です。

やたらと出回るようになった細い千寿葱ではなく、
1本が太くて重い、本物の千住葱を手に入れたいと思い、
江戸東京・伝統野菜研究会の大竹先生に相談したところ、
ご尽力くださって手に入れることが出来たのがこの葱。

120221_1

真ん中の細く見える葱は冬場太くなる九条葱です。
それと比べるとメチャクチャ太い!重い!

生産量がとても少ないので一般には出回らないそうです。
私も初めてだったので、もぉ~、ワクワク♪

辛みは強くなく、火を通すと青い部分まで甘い。
ならば全部生かしでクイック料理♪

120221_2

薄切りにしてバラバラにほぐし、塩・こしょうして、
ウインナーとチーズをのっけて焼きました。
山盛り入れても焼いたら程よい量に収まります。
ねぎトーストとこのねぎグラタンはこの冬何度作っていることか。

ねぎマイブームの始まりは芯がトロトロになる飛騨ねぎ。
白い部分はそんなに太くないのですが、
これまた青い部分まで美味しいねぎです。

天ぷらにして煮物にしてドレッシングに漬け込んで。
これだけあるので作りまくり♪

120221_3

見かけは同じようなねぎ、いっぱいで回っていますが、
それぞれの地方で作られたねぎは、
辛みも甘さも違ってて、料理していて楽しい。

新しいねぎに出会えてご満悦な今シーズンです。

|

« 3分クッキング3月号 | トップページ | 2月の料理教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3分クッキング3月号 | トップページ | 2月の料理教室 »