« 神保町の蕎麦「たかせ」 | トップページ | 本田よう一君の食事会@箱庭 »

2012年2月 9日 (木)

陶芸家花岡隆さんの器に料理を盛る

修善寺に窯を構える花岡隆さんの器は、
シンプルなんだけど料理映えがするので、
料理の先生やスタイリストさんだけでなく、
高級な旅館や割烹にも人気が高く、
各地で開かれる個展はいつもファンであふれています。

九十九里の近くの大網駅から
歩いて3分ほどのところにあるGalleryTenは、
花岡さんの器を常設しているところで、
1月17日にオープンして最初の企画、
2月1日から花岡さんと杉村さんの二人展にあたり、
食事会を出来ればと考えていて花岡さんに相談したところ、
「それならグーちゃんに頼むといいよ」

…と言うことで、
私も花岡さんの器にガンガン盛れるのは楽しいぞ、と、
二つ返事でO~K~♪

花岡さんの器がずらり!
この中から、
これとこれとこれとご用意くださるぅ~、と、
マダムの大人買いのような気分を味わわせていただき、
盛りつけに使う器を選ぶときのワクワク感ったら♪ふふふ♪

120209_111

明かりが差し込んでいる小上がりの畳スペースが
何とも和みます。

ギャラリーテンはカフェもされているので、
ここでもまったりお茶出来る…かどうか聞くのを忘れました。

120209_101

出される料理の品書きに興味津々の花岡さんです。

120209_91

デザートまで入れて13種。
様々な器を使わせていただきました。

その中には木工作家の杉村さんの作品も。
あ~、なんてシアワセな私♪

料理に没頭していて写真をほとんど撮り忘れてます。
なんとかお見せできるごく一部の写真を、どうぞ!

120209_2_4120209_3_2120209_4120209_7120209_5120209_6

ロゼシャンパンやブルゴーニュの白、赤、
ワインになる前の果汁を炭酸で割ったソフトドリンク。

最後のすっごくおいしい珈琲を飲む頃には
皆さん和やかに話が弾んで仲良くなってる。

120209_81

作家さんの器に盛る緊張感も皆さんに食べていただく緊張感も
心地よかったし楽しかったし。

またやりましょうね!と盛り上がり、
もしかすると定期的に開かれることになりそうです。

花岡さんの一言から広がりそうな新しい輪。
大いに楽しみたいと思います。

|

« 神保町の蕎麦「たかせ」 | トップページ | 本田よう一君の食事会@箱庭 »

コメント

うわー!いいですねheart04
グー先生のお料理は明るい感じで
花岡さんの器はそれをさりげなく受け止めて。
どちらもファンだからじっくり見ちゃいます
(一生懸命見たら味と香りと手触りも?)

投稿: かりん | 2012年2月11日 (土) 01時51分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書とは | 2012年6月12日 (火) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神保町の蕎麦「たかせ」 | トップページ | 本田よう一君の食事会@箱庭 »