« 夏向きな蕎麦寿司 | トップページ | ラクレットの道具 »

2012年5月15日 (火)

蕎麦会@箱庭

フードスタイリストの川﨑さんが
中目黒に気軽に行ける「Bar箱庭」を開いたのは
いつなんだろなー。

料理カメラマンの福岡拓さんが握る鮨イベント
「拓すし」に行ったのがきっかけで、
私の料理と蕎麦の会をやろうと言う話が持ち上がり、
GW突入の初日に開催しました~(パチパチパチ~)

対面のカウンターなので、
顔を見ておしゃべりしながらの、楽しい時間でした。

ガチガチの和で通すのはつまらないので、
グー流のお酒に合う料理の集合です。

楽しかったとは言え、
流石に自分で写真を撮っているヒマはありません。

先日独り立ちしたばかりの美人女性カメラマン、
中村うららちゃんが一部始終を写真に納めてくれたので、
それをご披露します。

出し忘れたりするといけないので、
覚え書き兼お品書きです。
忘れっぽくなってきてるお年頃なもんで (^^ゞ

120515_1

お品書き上の段の料理です。
品数は9点だけど、ちょっとずつだもんね。
この時点では全然お腹は満たされてない。

だからなのか、みんな、お酒が進む進む♪

120515_2120515_3

明石の鯛はおろしてて楽しくなっちゃう天然物。
ここはちょっとひねって、
石川県山中温泉の超高級旅館かよう亭さんの塩昆布を合わせました。
私のお気に入りナンザンスよ、ここの塩昆布。

京都の筍名人に送っていただいた筍は、香りが良くて軟らかくて。
色々手を加えるのが罰当たりな気がしましたが、
みんなに「おっ?」と言わせたい私は、すりおろして焼売に入れました。

120515_4120515_5

蕎麦掻きは沢山の人数では出来ないギリギリの人数だったので、
リカちゃん人形用?と言う量になってしまいました(笑)

そのあとに出したせいろは汁で食べずに、
先ほどの塩昆布でたべるんですよ~。

珍しさもあって皆さん大喜びでしたが、
好評だった一番の理由は、
「これ売ってるの?」「買えるの?」

そう、かよう亭さんの塩昆布が好評だったのさ。

120515_6120515_7

さてそのあとは細打ちに変わってのかけ。
京筍と鳴門わかめが入った若竹蕎麦です。

そして最後は、細打ちのせいろ。

120515_8120515_9

〆はやっぱりスイーツよね♪

桜の葉の香りのロールケーキです。

120515_10   

皆さんよく飲みよく食べました。

川﨑さんの「またやりましょう!」の心強いお言葉に、
取りあえず、やることだけは決まり!

この日の様子は、
アソビストのサイトで記事がアップされています。
それも合わせてご覧いただけると嬉しいなlっと。

|

« 夏向きな蕎麦寿司 | トップページ | ラクレットの道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏向きな蕎麦寿司 | トップページ | ラクレットの道具 »