« 3分クッキングのつまみでごはん | トップページ | おかずのクッキング4・5月号 »

2012年5月12日 (土)

岐阜の蕎麦「胡蝶庵仙波」

下呂の蕎麦、仲佐さんの行き帰りに
一度は行っておきたいと思っていたのですが
やっと念願叶って初仙波です。

地図検索すると岐阜駅から徒歩だと40分。
初めて降り立つ町を散歩しいしい見て歩くのも良いか、と、
タクシーを使わずいざ闊歩。

…だったんだけど、
いざ歩いてみると1時間以上かかってしまって、
しょっちゅう横を通り過ぎる路線バスに
乗りたい欲望が先立って、
町の景色を楽しんでなかったなぁ、と、若干後悔。

初めてのお店では、と、決めている定番、
蕎麦掻き、卵焼き、せいろ。
私の中では王道の組み合わせが揃っていたので、
もちろんこれに決まり!

どちらでも、と、添えられたのは塩としょうゆ。
粗挽きの甘さが引き立つかとほとんどを塩で、
せいろ一枚分以上のボリュームの蕎麦掻きだけど、
ペロリといただきました。

120509_04

メチャ熱で出てきた卵焼きは、
出汁のきいたフンワリタイプ。

口が熱くなったときに
ヒンヤリしたおろし大根を口に入れるとオアシスなんだけど、
添えられていたのは辛み大根で、口に入れると熱さ倍増!
猫舌さんには危険かも。

120509_5 

蕎麦ガイド本でお店の紹介に必ず載っている石臼手挽きのざる。

仲佐さんの石臼手挽きとは
使っているソバが違うのは当然として、
見た目、口当たり、喉越し、全く違う両端同士。
もちろん蕎麦が違えばつゆも違う。

両端なんだけど、端と端をつなげれば隣同士なんだよな。
そんなことを思いながらいただきました。

120509_6

お腹のゆとりは充分だったので、普通のざるも追加注文♪
パワーあふれる手挽きで熱い気持ちになったあとを
クールダウンさせるにはちょうど良い優しい十割。

120509_7

体力が復活する前に、ペロリと食べ終えてしまい、
帰りは軟弱に路線バスでラクしちゃいました。おほほ。

|

« 3分クッキングのつまみでごはん | トップページ | おかずのクッキング4・5月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3分クッキングのつまみでごはん | トップページ | おかずのクッキング4・5月号 »