« ラクレットの道具 | トップページ | 豌豆を冷凍保存 »

2012年5月17日 (木)

さや豌豆がいっぱい

豌豆。

えんどう。
そう言っても「遠藤?」となる人がホントに居たりするのよ。
そういう人には、グリーンピースと言いなおすと、
「ああ。」と理解されますね。

関西人は「えんどまめ」といいます。
(こんな風に言うの、まさか私だけちゃうよね?)
豌豆に豆がつくのですから、漢字で書いたら豌豆豆?
見た目にややこしいですね。

「まめさん」とも言います。
「あめちゃん」みたいな擬人化ですね。

いろんな豆があるけど、
「まめさん」は、えんどまめだけ。

大豆、小豆、金時豆。
いろいろあるけど、「まめさん」とは呼んでもらえません。
なんでやろ?

…知らん。

ま、そんなことはともかく、
私がまめさん大好きなことを知ってる大阪の弟子、
江島さんが送ってきてくれました。

120517_4

んー。
緑が多すぎるでぇー。
これやったら東京の豌豆みたいやん。
もっと莢が白ぉになってへんかったら
まめさんの入りが悪いでぇー。

白いのんは、まめさんが輝いてるねん。
ムッチムチのパッツンパッツン。
狭苦しいダークダックス状態で莢に入ってるねん。

そんなことつぶやきながらも、
白ぉになったんを見つけては嬉しなってしまうグーでした。

見た目にも違うやろ?
こんなんがええねんよ。

120517_3

|

« ラクレットの道具 | トップページ | 豌豆を冷凍保存 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラクレットの道具 | トップページ | 豌豆を冷凍保存 »