« 京都の「大渡」 | トップページ | 桃とミントの冷たいスパゲッティ »

2012年7月 2日 (月)

京都の蕎麦「かね井」

京都の北、紫野にある「かね井」は、
鞍馬口駅が近いとは言えそこそこ歩きます。

そこそこと言うおおざっぱな言い方なのは、
ついタクシーに乗ってしまって、
歩いて行ったことは一度しかなく、
どのくらいだったか覚えていないからなんですよ。
たぶん10分あまりだと思うんだけどね。

わらび餅で人気の茶落が2軒隣にあって、
歩いて5分とかからないところには
湯葉の大島家さんがある。

少し歩けば大徳寺もあるので、
わらび餅と湯葉と大徳寺納豆のお買い物が
一度に済ませられて蕎麦を食べられて、と、
私にとっては結構都合の良い場所です。

広い土間で靴を脱いで
席数少なくゆったりと座れる空間はとっても贅沢。

とりあえずのビールを頼むと揚げ蕎麦がついてきます。

120702_1

そしてお決まりの、やっぱり卵焼きよね♪
フンワリぷるぷる、そして熱々。

取り分けやすいようの配慮か、切ってくださってたけど、
出汁の利いたここの卵焼きは出汁が閉じ込められるよう、
切らない方が良いなと思うので、
次回は切らないよう頼んでみようと思う。

120702_2

細切りの蕎麦はきりりと冷えていてつややかで、
引き締まっているけど伸びやかで。

大きな山葵が、お好きなだけどうぞとばかりに
1本まるごとついてくる。

薬味を全く使わない私は、
ちょっと悔しいなぁと思ったりして。(笑)

120702_3

粗挽きとは言うものの、細打ちの繊細さがあります。
塩で食べると蕎麦の香りが楽しめ、
甘みがはっきりと前面に出てきます。

120702_4

京都の中で、何度でも行きたいお店です。

|

« 京都の「大渡」 | トップページ | 桃とミントの冷たいスパゲッティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都の「大渡」 | トップページ | 桃とミントの冷たいスパゲッティ »