« 夏野菜でケークサレ | トップページ | 鱧カツサンド »

2012年8月12日 (日)

夏期特別教室「研ぎ教室」

今年で3回目になる「研ぎ教室」は、
吉實さんに直接ご指導いただけるとあって
受講希望者多数で瞬く間に満席になりました。

「ご依頼は色々頂戴するんですけどね、
 すべてお断りしているんですよ」

はい、お願いするには日ごろから筋を通し、
信頼関係を築いているつもりでいるグーでございます。

ご指導いただくことへ感謝し、
受講者にきちんとした包丁を知ってもらうには
研げる方法をお教えくださるだけではない、
吉實さんのご指導しかないと思っているグーでございます。

吉實さんのすごさは日頃から語ってるので
教室の皆さんはそんなことは百も承知ですね。
せんせー、ミミタコでーす、との声が聞こえるよぉ(笑)

120812_1

一度受講した人のうち、たいていの人は
研げば研ぐほど新たな疑問や悩みが出てくるので、
また受講したくなる。
初めての人は、研ぎにあこがれがあって、
緊張の面持ちで挑み、そして最後は感激する。

吉實さんは、一人一人の技術に合わせて
言葉優しく丁寧にご指導くださいます。

120812_3

こんなに一度に大勢を指導されることはないんだろうなー。
悪徳興行師のグーを許してねー(笑)

吉實さんごめんなさいと
心の中で手を合わせたくなる包丁も、
吉實さんはどんな包丁でもそれにはそれの良さがある、と、
気持ちよくご指導くださり、
最後はみごとに仕上げてくださいます。

120812_2

すっかり研ぎ終わったら、お疲れさまの食事タイム♪
切れる包丁だからこその切り口の美しさを料理に込めて。

120812_4

おっと、肝心の冷やかけ蕎麦の写真を取り忘れてます。
せん切り薬味野菜たっぷりのっけた冷やかけは、
切り口がきらきらと輝いてきれいだったんですよぉ。

受講者の皆さんお疲れさまでした!
包丁を1本研ぎつぶす頃には、
どうにか人に指導できるようになってるかもよん♪
がんばってね~。

吉實さん、ありがとうございました!

|

« 夏野菜でケークサレ | トップページ | 鱧カツサンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏野菜でケークサレ | トップページ | 鱧カツサンド »