« ワインと共に「たこりき」 | トップページ | 蕎麦屋で寿司 »

2012年11月14日 (水)

ブロッコリースプラウトで

貝割れ、もやし、アルファルファでおなじみの
スプラウトと呼ばれる発芽野菜達。

近頃では
ブロッコリー、クレソン、紫キャベツ、マスタード、ソバ、と、
色々な種類が出ているので選ぶ楽しみがありますね。

その中のひとつ、ブロッコリーに
「スーパー」がつくスプラウトがあります。

貝割れのようにきれいに生えそろっていなくて、
アルファルファのようにワシャワシャ。

メーカーのサイトで調べると、スーパーと名がつく由縁は、
癌予防の権威が開発した高機能野菜だからだそうで、
スルフォラファンという成分が
高濃度に含まれているそうです。

だから結局のところどうなんですか?
と、踏み込んだ問いをしたくなる、
ポイントの定まっていない、ボンヤリとした表現は、
癌の予防になるとか成分が効くとか、
明解に言ってあると読む側もスッキリする、
ズバッとわかりやすい表現が薬事法で使えないのでしょうね。

ま、それは仕方のないことで、
取りあえずは身体にいいのよね、と、時々使っています。

スプラウトの生使いする中では、
一番おいしいと思っているのが大きな理由ですが。

先日、もう一品欲しいなと言う時に活躍してくれたのがこれ。

121114

スプラウトと生ハムの海苔巻き。

ぎゅっと締めながら巻くと、噛み応えがあり、
生ハムの塩気があるので味付け要らず。

冷蔵庫にあるものですみますよ~、なんてね。
ふつー、冷蔵庫に生ハムがあるわけないだろー!

…ですよね~。ケンカ売ってますよね~。

そこはそれ、生ハムじゃなくても、
ハムでもソーセージでも、
スライスチーズでもいいじゃないですか。

ほんのちょっと手をかけるのを厭わないのであれば、
薄焼き卵を焼いてもいいし。

海苔に直接スプラウトを置くと
湿気で海苔が破れやすくなるので間に何かを敷く。
そのための「何か」にあなたのアイデアを活かしてください。

で、いいのが出来たら教えてね♪

|

« ワインと共に「たこりき」 | トップページ | 蕎麦屋で寿司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワインと共に「たこりき」 | トップページ | 蕎麦屋で寿司 »