« 落語と寒鰤の会 | トップページ | おあじはいかが3月号 »

2013年2月10日 (日)

金継ぎ教室に参加

割れたものを継ぎ合わせたり、
欠けたところを補修して元の形にする。
継ぎ方にセンスが加わる事で芸術的にもなる金継ぎ。

ま、そうなるには熟練の技が必要だけど、
ほんのちょっと欠けたところを補修して、
また使えるようにするのならなんとかなりそう。

欠けているのを見つけるとそれを使うわけにはいかない。
もし欠けているのに気がつかず、
それで手を切ってしまう人が出る可能性があるから
泣く泣く捨てる事になってしまう。
でもそれはとても忍びないのです、私。

だから金継ぎして使い続けられるようにしたいと
ずっと思っていたんです。

そしたら、食事会などでお世話になってる
千葉大網のギャラリーテン
何度か金継ぎ教室をやってるのを知り、
機会があれば、と、リクエストしていたら、
私のスケジュールを優遇してくださると言うので、
早速参加してきました♪

教えてくださる水野谷八重さんは、
テーブルウエアーだけでなくジュエリーも作られる漆作家さん。

1302010_1

金継ぎの道具はなんだかワクワクする小物達です。

1302010_2

欠けたところを埋めるのが今回のお勉強ですが、
割れたのはこんな風に、と合わせ方のデモンストレーションも。

1302010_3

私が金継ぎしたかった食器は、
上海博物館展示のレプリカ。
欲しい枚数が一度に揃わず、
上海に行くたびに買っていたのですが、
それも買えなくなっていたので、
簡単に捨てるわけにはいかなかったのです。

ホントに小さな欠けですがなんと2枚も。
同じような欠け方をしていましたが
埋めてみるとコンマ何ミリの微妙な作業の違いが。

細かい作業で見づらくて、
ハズキルーペが欲しかったね(笑)

1302010_4

10分程して固まれば目の細かな紙ヤスリでフラットにします。

1302010_5

細かな粉になって削れていきますね。
内側、外側、峰のところ、と、厚いところが無いように、
地道な作業です。

1302010_6

下地に、うめた漆をうすく塗って染み込ませてから
本漆を塗ります。

金に仕上げるときは赤の漆を、
銀や錫に仕上げるときは黒を塗ると良いそうで、
私は金に仕上げたかったので赤を塗りました。

これも下地と同じで薄くムラ無く塗るのですが、
細~い筆先で厚みを均等にと言うとけっこう神経集中です。

1302010_7 

細かな金粉を振って漆に付着させて、
これだけかー、けっこう早く終わるのね、と思ったら、

湿度の高いところに数日おいて漆を完全に乾かして、
更にうすめた漆を上掛けして乾かして磨きをかけて、と、
まだまだ作業は続くのだけれど、
そこのところは今すぐ出来ないので、
先生が持って帰って仕上げてくださる。

1302010_8

仕上がってくるのが楽しみです。

最後の仕上げまで出来るようになるには、
まだまだ先の話になりそうです。

|

« 落語と寒鰤の会 | トップページ | おあじはいかが3月号 »