« 木の芽の季節 | トップページ | 神楽坂の蕎麦「蕎楽亭もがみ」 »

2013年5月11日 (土)

職人の心意気

毛が根っこから抜けるのはこっちの責任。
切れて抜けるのはそっちの責任。

つまり、根っこから抜けるのは作りが悪いけど、
切れるのは管理が悪いからだよ、と。

江戸っ子職人の老夫婦は結論が潔くて気持ちがいい。

うちのは毛が抜けないからここまで使えるんだよと、
出ている毛が5ミリ程しかない刷毛を見せてもらって
驚きと感激に「おおっ!!」

「大事に」ではなく「きちんと」使います、と、2本購入♪

130511

貧乏性なのかケチなのか、
マトファーの刷毛も捨てるに惜しい、で、まだ出待ち。

調理道具は使ってなんぼですぞ、グーさん。

|

« 木の芽の季節 | トップページ | 神楽坂の蕎麦「蕎楽亭もがみ」 »