« 白と言う名のケーキ | トップページ | 牛肉のフォー »

2013年5月14日 (火)

市原の蕎麦「功徳庵更科」

ドライブがてら出かけた市原の蕎麦屋さんは、
「千葉県」「蕎麦」のキーワードで検索した
食べログ情報のトップテンに楽々入っているお店。

点数を丸々信じて出かけたわけではなく、
ちょっとした寄り道で済むし、
知っている蕎麦関係の人の情報に全く無い。
これは賭だね、と、怖いもの見たさなのです。

130514_01

東京あたりの凛とした店構えの蕎麦屋さんを想像していると
入るのにちょっと躊躇したかもな、の、カントリー調。

近くの駅は小湊線の里見駅。
この小湊線は鉄ちゃんに大人気の路線だそうで、
休日ともなると大変な賑わいだとか。

だからこのお店もそんな人達がよく訪れるのだとか。

店内に入るとそのわけがわかり、ガッテンガッテン。

130514_02

窓から見える小湊線。…って見えないか。

まさにテーブルに着こうとしたその時、
通ったんですよ、かわいい1両が。

写真写真!と言われたけど、次撮ればいいやと眺め終わって、
聞くとあと2時間は来ないでしょうって。Oh、No!
だから言ったのにと言われてもねぇ。後の祭りさ。

切り替えて、さ、お蕎麦お蕎麦♪

初訪問のお店では、
せいろ・蕎麦掻き・卵焼きと決めているんだけど、
ん?なんだ?おとうぞそばって。
説明を聞いてもわかりにくかったので、
ま、賭で入ったお店だし、チャレンジしてみましょ。

130514_03

待ってる間は景色を楽しみながらの卵焼き♪
溶き加減粗めのちょっと甘め。

130514_04

来ましたよ~。おとうぞそば。

130514_05

このつゆに特徴がある。
味噌を作るときにでる煮豆の茹で汁を利用したそうなのですが、
塩気の強いひしお味で、トロリとしている。
かき混ぜてみると納豆のような豆が。

130514_06

…。
納豆でした(笑) そしてトロロ。

じっくり話を聞いてみたかったけど、義母をつきあわせる訳にも行かず。
ザックリ言うとこれです、と、切り抜き記事を見せてくれたので、パチリ。

130514_7

なんだかわかったような、わからないような。

また通ることがあるときには寄って聞いてみることにしましょかね。

|

« 白と言う名のケーキ | トップページ | 牛肉のフォー »