« 4月の料理教室は | トップページ | 職人の心意気 »

2013年5月 9日 (木)

木の芽の季節

山椒の痺れ感が好きな私は
木の芽を沢山、山のように使いたいのですよ。

でも出始めの頃は幼気な大きさなのに驚くほど高くて
そんな大胆な事はできませーん!

でも、5月に入ると葉が大きくなり始めるので
かなり安くなってきて、
やっと、野菜のひとつのようにたっぷり使えます♪

中でも好きな使い方がこれ。

20130430

刻んだ木の芽を鳴門巻きに巻き込んだ、
「牛肉の木の芽巻き」

サラダ油でソテーして焼き色をつけ、
軽く酒蒸しにした後、醤油をまわし入れて
強火で煮詰めながらからめます。

巻いた肉は握力でギュッと握り込んでくっつけるので、
たこ糸で整形したりしません。
小麦粉もまぶしません。

牛肉はしゃぶしゃぶ用を使って巻きが太くならないようにし、
赤身が残ってるかなー、と、ちょっと不安に思う時間で止めると
余熱でちょうど良い加減に火が通る。
ま、このあたりは何度も作ってるからこその勘所ね。

|

« 4月の料理教室は | トップページ | 職人の心意気 »