« 「毎日が発見」6月号では乾物料理を | トップページ | 残った豆腐 »

2013年6月15日 (土)

ツヴィーゼルのワイングラスと親睦会

ワイン仲間が集まってワイン会、となると、
1人にいくつものワイングラスが欲しくなります。

ちょうどそんな時期にリーデルが
このタイプのワインにはこのグラス、てなこと言いながら、
いろんな形を出してくるものだから、
実際に合わせてみたらボルドーもブルゴーニュも
ピッタリはまっちゃうものだから、
買ってしまうんですよねー。

で、ワイン会がお開きと言う時には
参加してくれた人達がグラス洗いを手伝ってくれるの。
有り難いのだけれど、
みんな酔っ払ってるから微妙な手加減が狂うから、
1個や2個は必ず割れる。
仕方ないとあきらめるようにしてるけど、
3個以上割れたら酔いが覚めます(笑)

だからといってこのグラスではワインが可哀想
…なんて安いグラスは使いたくない。

悩みどころのこの問題。何かでチラッと言っちゃってたのか、
(チラッとじゃないとは思うけどさ)
このグラス使ってみて、と、
知り合いが送ってきてくれたドイツのツヴィーゼル

130615

噂には聞いてました。
割れないグラスだと。

でもなー、割れないって言うだけじゃナー。形もよくないとナー。
…と、ウダウダしてたんですよ。
なんだかんだ言ってもリーデル好きだし。

でも、手に取ってみるとけっこう良いバランス。
ソーダガラスではなくクリスタルな安定感もある。

で、このらせんのラインはデザイン性だけではなく、
デカンタ要らずの効果があるんだとか。

台のところを押さえてグラスの口をつまんで
そのまま横方向に力を入れてみた。
ステム(足)のところから割れちゃうなと想像しながら。

ところがなんと、しなる!
台をしっかり押さえてなかったか、と、やり直しても、しなる!

もしかして?と、グラスのサイドでテーブルをゴンゴン叩いてみた。

割れない~~~♪❤♪❤

かんぱーい!と、グラスをガチャンと当てても大丈夫???

…と、言うことで、My皿・My箸・Myカップ持ち込みのパーティーに
このグラスを持って行ってみました。

横のつながりが希薄な料理関係者の親睦を目的にした会。
本田よう一君やきじまりゅうた君や新田亜素実ちゃん達、
機動力のある若者達が立ち上がっての熱い会です。

用意されてるワインや持ち込んだワインを注ぎ、
そばに居たきじま君と派手にカンパ~~イ!

130615_1

昔はこういうところに来ても知っている人が居なくて
色々とサミシイ思いをしたけど、
長年やってるとね、挨拶したり話し込んだりで
料理の写真を撮る暇がなかったぐらい
お仕事を一緒にした人がこんなにいるんだわ。
年の功って、有り難いね。

若者達から、溌剌とした元気とキラキラしたやる気に、
見習わなくっちゃ、と、刺激を受けました。

とは言え、おねむになったグーは
二次会をあきらめお先に失礼。

しっかりツヴィーゼルを回収してね(笑)

|

« 「毎日が発見」6月号では乾物料理を | トップページ | 残った豆腐 »