« ある日の女子会 | トップページ | Lips8月号 »

2013年6月24日 (月)

6月の料理教室

今月は、和なのか中なのか、
ごはんに合うのかパンに合うのか、
どっちなんだい?と決めかねて、
アジアを思わせるテーブルセッティングにしちゃいました♪

普段は蕎麦を盛り付ける竹ザルをトレーにしたのが
一気にアジアンな雰囲気を醸しだしてくれました。

作家物の粉引きは、
こんな時にしっくりと馴染んでくれるので
大いに使い勝手が良いですね。

1306_1

乾物は戻したり味を含ませるのに
時間がかかると敬遠されがちですが、
この「干し椎茸のピリ辛浸し」は
味の含ませ方のちょっとしたコツでハードルを下げました。

1306_2

「きゅうりの冷製パスタ風」は、
ピーラーで細長く紐状にしたのが楽しい。

コンビーフのソースを癖のない軽い味に仕上げて
ペロリ♪の一品です。

1306_3

「カジキソテーのチーズ蒸し」はみんなに大人気!

パサついたイメージがあるカジキ鮪のソテーも、
紀ノ国屋のカジキ鮪だと脂が乗っててシットリとした焼き上がりに。
ま、人気があるのは当然っちゃ当然かー(笑)

とは言え、チーズのクリーミーな味が美味しさに協力してますよ。

1306_4

「かぼちゃとスペアリブの甘辛煮」は、味付けに特徴が。

かぼちゃとスペアリブを同時に煮始めるので、
かぼちゃを煮崩さなく煮上げるコツもポイントです。

1306_5

「梅酒の泡ゼリー」は泡を上手に入れるのが大切なところ。

クラスによって仕上がりが色々でしたが、
それはそれで美味しかったのは、
梅酒が美味しかったからかもね~(笑)

1306_6

ワインはボージョレーをちょっと冷やし目にして。
エチケットのイラストが可愛かっ、
と言うのも買っちゃった理由です (^^ゞ

1306_7

お生徒さんが差し入れてくれた吉祥寺リンデのドイツパンや
ルヴァンのカシューチェリーやアンデルセンのカンパーニュやと、
いろんなパンと楽しんで、のっけて食べたりソースをぬぐったり。

個性のあるパン達が良く合いました。

|

« ある日の女子会 | トップページ | Lips8月号 »