« Lips8月号 | トップページ | 女性セブン7月11日号 »

2013年6月26日 (水)

魚三昧

昨日は築地に買い出しに。
教室用の材料ではなく、試作用の買い出しです。

…だけの予定が、
ついでに晩ご飯用の魚も買ってくかー、と、
何が良い?と相談すると、いろいろ見繕ってくれました♪

上から、のどぐろ、ウメイロ、赤ムツ、鯵。

のどぐろは高級魚だし立派な大きさだったので、
料理屋さんで注文するとお札がピラピラ飛んでいくけど、
盛りつけると見えない側に傷があるからと、
なんと!おまけ、と、もらっちゃいました~♪

ウメイロは沖タカベとも言う白身の魚。
タカベと名前はついてるけどタカベとは違うらしい。
今夜食べるんだったら刺身でイケルよ、とのアドバイスに、
ゲット!

赤ムツは、煮付けなんかいいんじゃないかな、と、
淡泊なところを買って、これまたゲット♪

今日の鯵は銀座の一流寿司屋が使うようなのだよ、と、
一押しのお薦め。
それいくら?と訊いてきた顔なじみの料理人は
金額を聞いて、高い!と目をむいてあきらめてました。

130625_1

この日、一段落がついたのは22時過ぎ。
昼間に処理を済ませてたとは言え、
それから調理にかかるのは、おなかも空いているし、
そんなに時間をかけられない。

…と言うことで、ウメイロと鯵はお刺身で。
(ホントは鯵を握りにしたかったんだけどね)
盛るのには美しくない切れ端は梅酢和えに。

赤ムツは王道メニューの中華蒸し。
お酒が切れてたので赤ワインを使ってのレンジ蒸しです。
熱々油のジュッ! これは欠かせませんね♪

早く食べたくて急いで撮ったらピンぼけです (^^ゞ

130625_2

のどぐろはこれまた王道の煮魚で。
みりんに癖があったのとお酒が切れていたのとで、
生姜をたっぷりめにしました。

煮汁をマメにかけながら、時には強火で、時には弱火で。
鯛のようなきめの細かい身はふっくらと仕上がりました。

130625_3

これで終わり。

…ではないんですよ~。
明石の蛸もあったんです♪

関西人にとって、蛸と言えば明石!(きっぱり!)
8割がたの茹でに止めてある茹で蛸は、
クニュっとした噛み応えが良いですね~。

切っただけをごま油とバルサミコで和えました。

130625_4

匂いを嗅ぎつけた友人の深夜訪問で、会話も盛り上がり、
グーの酒宴は夜中まで続きましたとさ。

|

« Lips8月号 | トップページ | 女性セブン7月11日号 »