« アヒカツ丼のレシピ | トップページ | 8月の特別教室:出汁の会 »

2013年7月22日 (月)

7月の料理教室

夏を乗り切るのにはガッツリスタミナ系の料理?
それともさっぱりひんやり料理?
私は外ではスタミナ、家ではひんやりが多いなー。

…と言うことで、
今月はさっぱりひんやりが中心の和食です。

涼しげな色合いの花をアレンジして飾り、
良く冷やしたワイン、ピノ・グリを合わせました。

130722_1

水切り塩ヨーグルトで和えた帆立は胡瓜にのせて。

130722_2

茄子はソテーして白味噌ソースをかけて。

油がどうしても多くなってしまう茄子のフライパン焼きを
必要最低限の油で上手に焼く方法がこの料理のコツです。

130722_3

胡瓜も茄子も体を冷やす野菜。
猛暑な夏には是非摂りたい野菜ですが
食べ過ぎて冷やしすぎるのもイケマセン。

そこで、せん切り生姜をたっぷりまぶした鶏唐揚げ。
ジューシーに揚げるのにはちょっとしたポイントが。

130722_4

ひんやりの極みですね~♪

素麺を美味しく茹で上げるのには、
素麺と言うものを知ることから始めるんですよ、グーの説明は。

トマトとバジルとオリーブ油。
それをグッと和風にするには、味付けに工夫が。ふふふ。

130722_5

氷を浮かべた抹茶の冷やし汁粉。

抹茶の使い方、甘味付けの仕方、柔らかい白玉作り。
そんなところをポイントにした、時短汁粉なのですよ。

130722_6

皆さん、素麺のつゆも残さずペロリの今月。

翌日におさらいしましたメールが来ちゃうぐらい
やる気になれる料理だったようですね(笑)

来月はレギュラーのクラスはお休み。

出汁をしっかり学んでもらえる会や
オーベルジュのオーナーシェフを招いての会。
グーを飛び出して、料亭でおもてなしの心を学んだり、
リクエストに応えての珈琲自家焙煎や海苔のテイスティング。

特別教室の企画で、いつも以上に忙しくなる8月です。

|

« アヒカツ丼のレシピ | トップページ | 8月の特別教室:出汁の会 »