« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

村さんに会う

村さんの鱸の話は6月のブログに載せた。

いつかは触ってみたいと思っていた村さんの鱸。
ついに触れて嬉しくなって、浮かれて書いた。

それを村さんの弟さんが見つけて興味を持ってくださって、
会ってみたいと言う流れになったようで、
鱸をお裾分けしてくれたワインバーのオーナーから、
「村さんが、交流会に来て欲しいと言ってるよ」と連絡があった。

ひょえーーー!
会ってみたかったのは私でゴザンスよ。
念ずれば通ず。まさにこの言葉ですよ。

でも情熱大陸での紹介のされ方は
なんかちょっと怖いというか気むずかしいと言うか。

ちいとばかし気後れしてしまう人のような気がして、
話が弾まなかったらどうしよー。

ガラスの心臓の私はドキドキもので会いに行きました。
(誰?防弾ガラスと言った人は)

そうしたら、
えーん(T-T)やっぱり怖そうだよぉー。

20131023_003

…と思ったら、
とってもお話好きな気さくな方♪

20131023_010

漁の話、鱸の話、鯛の話、若布の話。
水槽の話や血抜きの話。
漁師になりたての頃の話から今に至る話。

時間があっと言う間に過ぎてしまった。

名残惜しい、と、思っていたら、
「是非遊びに来てください。宴会しましょ。」
だってさ~~~~❤

近頃耳が遠くなってきているワタクシですが
(都合の悪いことはね)
こういうことは聞き逃しませんことよん♪

おかげでこの日の一番のご馳走は、
お店が頑張ってくれた料理じゃなく、
村さんとの会話でした。

…とは言え、ちょっとぐらいはお料理も載せておきましょうかね。

20131023_006

右下に写っている2週間熟成させた鱸。
これが美味しかったのよ。

とてもこだわりのある醤油を添えてくださったんだけど、
旨味同士のガチンコ勝負と言うか、
音楽に聴き入りたいのに隣の会話で集中出来ないというか。

だから、鱸の旨味を引き立てる、
しょっつるか塩で食べたかったな、と思った。

それより、
なぜそれだけの期間熟成させられるかの話が興味深くてね。

やっぱり続きを聞きに、鳴門に行かなくちゃね~♪


|

2013年10月27日 (日)

10月の料理教室

今月は秋真っ盛りと言う事で、食卓の花はコスモスで秋らしくアレンジ。
アンティークのショットグラスを三谷龍二さん作の木の長皿にのせて。

皆さん、見たとたん「カワイ~❤」
「私のことぉ~」とお決まりのボケを言っても、
みんな写真を撮るのに集中してて誰も私の言ったことを聞いてない。
ツッコミのないボケはムナシイ…(笑)

1310_3001 

はい、千日草の赤がカワイイのですよ。

大勢で囲む食卓の花は、
向かいの人の顔が見やすいように高さがないのが私の好みです。

131027_2 131027_3 

アボカドと明太子のディップはライ麦パンにのせたのとクラッカーにのせたのと。
大豆と大根のサラダは豆の茹で方をお勉強。

2つとも火を使わない料理です。
…大豆は家で茹でた方が美味しいんだけど、
時間が無いひとは市販の水煮でもかまいませんよーと言うことでの火を使わずが。

131027_4 131027_5 

チキンロールフライは味のしっかりしている物を巻くことでソースが要らない。

牡蠣と水菜のスパゲッティは、
長年通っている人は聞き飽きたかもの加熱用牡蠣の説明からスタート。

チキンはあっさりと、牡蠣は濃厚な味に。
もちろん苦手な人には代替えの材料と使い方の違いをアドバイス。

131027_6 131027_7 

最後のスイーツは、くるみとオレンジピールを沢山入れたビスコッティ。
カリカリに焼き上げるので、デザートワインに浸して。
スペイン産の極甘口ワイン、モスカテッロ・オロ。

ワインが余ればガス入りのミネラルで割る予定が、
割る前になくなってしまって、お代わり~。

131027_08

ワインはニュージーランドのソービニオンブラン。
これまた美味しいと人気でしたが写真を撮り忘れました(泣)
あ、もちろんデザートワインもね(;´д`)トホホ…

そんなこんなの今月の教室でした。
さてさて来月は何にしようかな~。

|

2013年10月24日 (木)

新刊 「ノンフライヤーレシピ」

新しい調理器のノンフライヤーが大人気ですね。
通販では「やっと入荷」とか「台数を確保」とか、
驚くような勢いです。

唐揚げが好きなんだけど揚げ油が怖い。
唐揚げを沢山食べたいけどカロリーが。

購入の動機はそんなところのようなのですが、
唐揚げばかりじゃ宝の持ち腐れ。

…と言うことで、永岡書店からお声がけをいただき、
ノンフライヤーを使った料理本を出しました。

131024_1

表紙になってる唐揚げはモチロンのこと、
フライドチキンやトンカツなどのパン粉衣。

131024_2_2131024_3

豆腐も型崩れなく揚げ出し豆腐に出来るし、
いわしのグリルは余分な油を落としてカラリと焼ける。

131024_4131024_6

グリルが出来るんだからグラタンだって作れちゃう。
そして、スポンジケーキも焼けちゃうから
イチゴショートケーキもハードルが下がるかも。

131024_7131024_8    

そんなこんなで60点近く。
揚げ物に限らず、様々な料理やお菓子を紹介しています。

揚げてないのに揚げ物と言っていいのかなー。
かと言って電子レンジのような蒸し加熱じゃないしから
揚げ物って言っていいかー。

海外では熱風で調理することからエアフライヤー。
空気で揚げる?…とややこしい。
撮影中はまだ若干の混乱があったけど、
揚げない揚げ道具だからノンフライヤーだね、と、
深く考えるのをやめて、
いろんな料理作りを大いに楽しみました。

|

2013年10月23日 (水)

かつをぶし池田屋さん主催で「グー出汁の会」

7月のだしトークショーで、
グー出汁が習いたいとのリクエストが数人あったと、
主催された「かつを節池田屋」さんから相談があり、
ならばグーで、と、開催することになったのが先月の21日。

池田屋さんも参加してくださった拓ちゃんも金子さんも
早々にブログアップしてくださったのに、
私は今頃になって… (^^ゞ

フットワークが重い重い。
最近食べ過ぎで太ってきたからナー。って、ちがうちがう。

基本的には8月の特別教室の時と同じなんだけど、
ちょっとだけ進化したのは、バインダーを使えばいんだー(笑)

1309_1

出汁のテイスティングの仕方は8月と同じスタイルですが、
種類が増えて、皆さん、まずは写真を撮って混乱しないように把握。

1309_21309_3

あっちこっち入り乱れながらの取り分けも真剣なら
その後のテイスティングも真剣。

1309_4 

どの出汁が好きでしたか?のアンケートを取った後は、
お疲れさまの食事タイム。

出汁の味付けを、
塩、味噌、こいくちしょうゆ、うすくちしょうゆで変化をつけ、
最後まで美味しくいただける工夫をしました。

かぼちゃの出汁ポタージュ、大根の塩出汁漬け。

1309_51309_6_2

高野豆腐・蓮根・オクラの炊き合わせ。

1309_7_2

豚しゃぶの出汁ぽん酢あんかけ。

1309_8

がんもどきをのせた素麺。
がんもどきには池田屋さんの花粉を混ぜ込んでいます。

1309_9

池田屋さんは、
その時使った削り節も昆布も充分な数をご用意くださり、
参加者の方々は希望の数だけ買って帰られたので、
お復習いもバッチリできたのではないかしらん♪

来週の29日は、
ソロモン流でも紹介された大網白里のギャラリーテンで開催です。

顔なじみになっている方々も多いギャラリーテンでのグー出汁の会。
また違ったリアクションがありそうな予感で、今から楽しみです♪

 

|

2013年10月19日 (土)

今夜NHKで

こんな可愛いスタジオセットの番組に出演します。

20130930_2

今夜23時30分NHKの「妄想ニホン料理」です。

海外の料理人達が、
見たことも聞いたこともない日本料理を
3つのヒントを基に妄想して作ると言うバラエティー番組。

今まで単発で放送されたのが好評だったので
この10月からレギュラー化された番組で、
その3回目に出演させていただきました。

MCは清水ミチコさんと栗原類くん。
そしてゲストは吉木リサさんとハライチの澤部くん。

20130930_9

みんなでワイワイと賑やかに料理した放送時間は10分弱。
どんな風に編集されたでしょうね。

私も楽しみです♪

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »