« シュトーレンレッスン | トップページ | 2014年スケジュールと空席状況 »

2013年11月17日 (日)

ごぼうのタルト

江戸ソバリエの女性を対象にした
江戸東京伝統野菜のセミナーで、
アイデア料理を紹介してきた1年の最後を飾った野菜は
三河島菜と滝野川ごぼうでした。

すっかり料理をしてしまってから
野菜の写真も料理の写真も撮っていないのに気がついたけど、
もうこれは仕方ないよね。

三河島菜は高菜のような大きい葉っぱで、
癖のない食べやすい葉っぱ。
60~80cmは長さがあって、茎はレタスの茎のような食感。

…と言われても写真がなきゃネェ。
…。ですよねぇ~。

あ、でも、わかりやすい滝野川ごぼうは、ごぼうです(笑)
これから太くなる前なのか、スが入っていなくて食感が良かったですよ。

なので、今回はお菓子にも使ってみました。

充分に柔らかく茹でてから砂糖を加え、ちょっと煮てから冷まし、
砂糖を追い足ししてちょっと煮て冷まし、再び同じ作業を繰り返し。
…と、時間をかけたシロップ煮を作ります。

色がサミシイのとちょっと引き締まる酸味が欲しいのとで、
ドライアプリコットのシロップ煮をちょいと混ぜて。

20131116_001

20131116_003

きんぴらのようなピリ辛味やお正月の酢ごぼう。
具だくさんの汁物や炊き込みご飯。

おかず物に大活躍のごぼうですが、
甘い味にも応えてくれる優秀な野菜なのですよ。

他の国では食べないといわれているごぼう。
(似たような野菜を食べている国はあると思うんですけどね。)

日本人に生まれて良かったわ~♪

|

« シュトーレンレッスン | トップページ | 2014年スケジュールと空席状況 »