« パンを学びに | トップページ | 善哉と汁粉 »

2014年1月13日 (月)

ストウブのココット

昨日のブログでも出てきたストウブのミニココットを
俄然欲しくなったのは先月のこと。

松涛にあるフレンチの「バカール」に行った時、
最後に出されたごはんものの器がこれだったんですよ。

131217_35

オーナーの奥様が作ったというキルティングのカバーをつけた
ミニココットのオーバル。

オーバル好きの私としては素通りできない可愛さ❤
因みにこれは秋刀魚とフォアグラのごはんです。

鯛めし、鮎ごはん、パエリヤ、きのこごはん、ドリア。
色々ごはんものを想像して、
使える使える~!とワクワクしていると、
そのひとつにこんなパフォーマンス!

131217_32

少し大振りのお茶碗一杯分のごはんもの。
別にごはんものじゃなくてもいいんですけどね。

容量が250ml。
ちょっと少ないかなー、と迷いが出る。
そのひとつ上のサイズだと600ml。
ちょっと多いなー、と迷いが出る。

ラウンドだったら250mlもあるけど400mlサイズもある。
でもオーバルがいい。

うーむ。

これ、家で使う1個2個だったら迷わず、
オーバルで250サイズ&ラウンドで400サイズ。

…てな買い方しちゃうかも、なんだけど、
レッスンで使おうと思うと、8個要るのよ。
安い買い物ではなくなるので迷いに迷うワケです。

こんな調子で迷ってると、
清水の舞台から飛び降りるのはいつになることやら。

|

« パンを学びに | トップページ | 善哉と汁粉 »