« 初肉詣で | トップページ | ストウブのココット »

2014年1月12日 (日)

パンを学びに

パンのことをきちんと知りたいなと思い、
ツオップの超初心者クラスに参加しました。

てきとーに捏ねて、てきとーに成形して、てきとーに焼いて。
取りあえず膨らんでるから良しとしよう。
そんな程度のてきとーな私のパン作り。
むか~しむかし覚えたやり方で、見かけはパンになっているけれど、
理論をきちんと把握していないから時には失敗する。

しかし、そんなこっちゃイカン!

数年前から思っていたんですよ。
きちんと学ばないと、と。

知り合いのパンの先生に
気軽に教えて~とお願いするのは簡単だけど、
定期的に通えずキャンセルすることになるのは避けたい。

そう思うとなかなか前に進めずに居たのですが、
ツオップの講座をfacebookを通じて知り、
単発で経験のレベルに合わせたクラスがあることも知り、
タイミング良く申し込みの期間、
そして幸いにも全くの初心者クラスがあったので、
申し込んで抽選に当たったという訳です。

ツオップは、朝6時半から開店していて、
毎日数百種類のパンが提供され、何千個ものパンが売れて行く。
カフェもあって、朝7時から開いている。

近所にこんなパン屋さんが会ったら週3は通うのに~。
…と、ところがそうはいかない(と思う)。
だって早くから行列が出来ちゃうパン屋さんなんだから。

…てなことをパン好きの人達からさんざ聞かされていたワケよ。
だから行ってみたかったワケ。

スタート時間に遅れないようにしないと、と、
15分前に到着♪

なんと、やってしまいましたスタート時間の勘違い。
11時15分前についちゃって。
最近やっちゃうのよね、この手の勘違い。

ま、遅れるより良いか。
…違~う!
準備の邪魔!

それがよ~くわかってるので、
「すみません。居ない者だと思ってください。」とお願いして、
自分でも極力気配を消して沈黙して。

140112_1

そんなこんなで1時間あまり待機。恐縮…。

そしてその後始まったレッスンは、手コネで作るテーブルロール。
受講者が食べる分を作り始めるところからスタートです。

140112_2

先生はツオップのオーナーである伊原靖友さん。

材料の話、発酵の話、道具の話、
それだけに止まらない幅広い話が
とても理解しやすい言葉で語られ、とても興味深くて楽しい。

140112_3

発酵や成形の見極めは、
それぞれが感覚で覚えておくことも大切と言うことで、
その都度プニプニと触らせてくれる。

140112_4

混ぜて、捏ねて、たたいて、発酵させる。
分割して、丸めて、休ませる。
成形して、発酵させて、化粧をして、焼き上げる。

自分がやっていたことにどんどん修正が加わる。
その一つ一つに語られる内容にガッテンガッテン!

でもね、16時を過ぎて脳にエサがいってないとね、
集中力に欠けてくるのよ。
(私の場合11時から居るから特にダヨね)
でもまだ焼けてないからコッソリつまみ食いも出来ないし。

わたし、もうダメ…。
…と餓死すんでの所で、
焼き上がった先生のパンと共に試食タイム♪
(余談だけど、ストウブのミニココットやっぱり欲しいなぁ~)

ちぎった断面から幸せの湯気が立ちのぼり、
たぶん、怪しい薄ら笑いをしてたと思う、私。

140112_5

こうして焼き上がったワタクシのパンは、
ロールパンにもう少し厚みを出した方が良かったな、
と言うことと、
卵はもっと丁寧に塗るべきだったな、と言うこと。

140112_6

ま、その都度きちんと指導してくださるので、
初めてにしてはそこそこうまくいってる。…と思う。

味はツオップの配合なんだから当然美味しく出来てます。
膨らみと弾力もイイ感じです。

この感覚を忘れないうちにまずはトライしなくちゃね。

|

« 初肉詣で | トップページ | ストウブのココット »