« 余ったお餅で | トップページ | 2月の料理教室 »

2014年3月22日 (土)

ボララボ2

村さんが初めてボラを送ってくださったとき、
たたきと漬けがいいよと勧められた。

なのに、私ってへそ曲がりなもんで(かなり曲がってるのさ~)、
すっかり思いつくまま自分のやりたい放題♪

でも、「たたきと漬けと」の後に勧められた「ボラ大根」は、
前回、ちゃんと作ったんですよ。

3つを記憶しても思い出すのは最後のひとつって、
そろそろ気をつけないとイケナイお年頃ってこと?(笑)

ま、それはさておき (^^ゞ
真夜中のボララボ第二回!
今回はたたきと漬け、作りましたよ♪

まずは、食卓のお花を飾りましょうね。

140321_1

ボラは3枚におろして串に刺して表面を炙ります。
皮目はしっかり身は軽く。

最後に藁を燃やして燻した香りを付けて。
…と言うのは、炎が上がって危険なので、
やってみたいなそんなこと、と、気持ちだけ込めます(笑)

140321_2140321_3_2

薬味好きのグーですので、
ボラが見えないぐらい、これでもかっ!と盛り上げます。

九条ねぎ、茗荷、生姜、紅蓼、柚子。
ボラの味が濃い~いので、これだけ薬味を使っても、
薬味に甘味がないのでボラの甘味は負けません。

ただ、濃口醤油の旨味は、
ボラと薬味の味を打ち負かしてしまうので、
活かそうと思ったら塩か淡口醤油。

140321_4

ボラのアラでとった出汁は、
冷えるとプリプリになるほどの煮こごりに。

この煮こごり出汁で、
冷蔵庫に眠っていた聖護院蕪を炊くことにしました。
形はないけど、れっきとしたボラ料理ですよん♪

140321_5

煮こごり出汁が染み込んだとろっとろの蕪に、
身体もとろっとろでした。

140321_6

優しいお味の次は、
厚めに切ったボラを唐揚げにして、
ガッツリ中華な快味ソースをからめたピリ辛味。

この味にすると、お酒のピッチが一気に加速するのよね。

140321_7

漬けは、切り身大きめ酢飯少なめで握りにしてみました。

彩り的には山葵だけど、
何が合うだろう?と、いろいろなトッピングを試みて。

食べて「美味しい~」だけに終わらない。
はい、ラボですから、それでいいんです。

胡麻、和辛子、にんにくチップ。
軍配はにんにくチップに上がりました。

140321_8

この日の前後を挟んで二人が誕生日。

…と言うことで、夜中に食べる誕生日ケーキは、
コッテコテの定番がいいよなぁ~と、
ナンチャッテ不二家を作りました♪

140322_9

村さ~ん、また新しいボラ料理が増えましたよ~♪
感謝です!


|

« 余ったお餅で | トップページ | 2月の料理教室 »