« 8月特別教室「ロールケーキの会」 | トップページ | 9月の料理教室 »

2014年10月18日 (土)

早稲田みょうがドレッシング

大粒で色白な早稲田みょうがが
ドレッシングになって発売されることになりました。

早稲田みょうがは、
生産される農家さんが少なく、生産量がわずかなので、
見かけることはまず無いと言える中での開発プロジェクトに、
グーは参加させていただきました。

そんなワケで、
初お目見えの今年は数少ない限定本数です。

以下はFacebookでの案内内容です。

早稲田みょうがドレッシング 10/19発売

 かつて、早稲田の杜は、みょうがの里でした。早稲田みょうがは、徳川家をはじめ江戸の食膳を飾りました。2012年に栽培が復刻、そのドレッシングが発売されます。
 企画は早稲田大学周辺商店連合会、開発監修は、料理研究家の林幸子氏、製造・販売元は三品食堂で、小笠原の塩、千鳥酢を使い、さわやかな色・香味に仕上げました。150ミリで1,000円。

 早稲田大学稲門祭2014(10/19)の会場で限定200本、販売されます。
写真: 早稲田みょうがドレッシング 10/19発売

 かつて、早稲田の杜は、みょうがの里でした。早稲田みょうがは、徳川家をはじめ江戸の食膳を飾りました。2012年に栽培が復刻、そのドレッシングが発売されます。
 企画は早稲田大学周辺商店連合会、開発監修は、料理研究家の林幸子氏、製造・販売元は三品食堂で、小笠原の塩、千鳥酢を使い、さわやかな色・香味に仕上げました。150ミリで1,000円。

 早稲田大学稲門祭2014(10/19)の会場で限定200本、販売されます。

|

« 8月特別教室「ロールケーキの会」 | トップページ | 9月の料理教室 »