« 9月の料理教室 | トップページ | 10月の料理教室 »

2014年10月21日 (火)

10月の基本のキ

今年から始めた「基本のキ」クラスは
不定期開催で今年3回目。

丼の王道「親子丼」です。

鶏肉をふっくらと仕上げるコツ、
丼つゆの調味料の合わせ方、
卵の火の通し方などなど。

家庭だからこその、鶏肉ゴロゴロたっぷりの親子丼です。

1410_1

汁物は「鰯のつみれ汁」です。
ひとりで2人分作って、1人分は試食して、残りはお持ち帰り。

つみれの美味しさを追求して
鰯の手開きにすることから始める、本格派?

1410_2

煮物は「里芋の柚子味噌煮」。

とろんと粘りのある柔らかい里芋で、
白味噌を贅沢に使った、秋冬の定番ですね。

1410_3

小鉢ものは「焼き油揚げのおろし和え」。

おろし大根を美味しく作るには、どんなおろし器を使っているか、
おろし金を大切さを知ってもらうために、
熱く熱く語ってしまいました (^^ゞ

1410_4

葡萄果汁のフレッシュさがまだまだ残っているにごり。
キリッと冷やしていただきました。

1410_5

親子丼を基本のメインにしていたのですが、
手開きは初めてという人がほとんどで、
別の機会にこれをメインにすれば良かった、と、
内容を盛りだくさんにしすぎたことを反省のグーであります。

悪戦苦闘。
でもきれいに手開きできてますね~。

1410_6

フードプロセッサーやすり鉢を使わず、
こうして包丁でたたき身を作るのです。

美味しいつみれを作るためには
トントンたたいて魚の食感を感じる、
臭みのないつみれを作るのです。
手間を惜しまず!

1410_7

…と言うわけにはいかないんだろうなー。

フードプロセッサーを使って手早く作るのか、
市販のつみれを買ってくるか、
どれが自分のライフスタイルに合うのか、
基本を知った上で崩すのは別に良いのです。

でも、気持ちにゆとりのある時には
実践してみてくださいね。

|

« 9月の料理教室 | トップページ | 10月の料理教室 »