« 2月のレギュラーレッスン | トップページ | 村さんのボラで »

2015年3月20日 (金)

「基本のキ」クラス3月

だし巻き卵と肉じゃがと天むす。
花見弁当にも使えそうな料理です。

関西風に焼き上げた卵焼きは出汁がたっぷり。

卵焼き器は銅ですか?鉄ですか?テフロンですか?の質問には
ほとんどの人がテフロンで、銅を持っている人は4~5人に1人の割合。

やっぱり、という感じですが、
銅製の卵焼き器より、テフロンの人の方が断然多い。

ふんわりと焼き上げるのには銅製の方が良いのだけれど、
頻繁に焼きますか?たまですか?と聞くと、
たまにしか焼かない滅多に焼かないと言う人が多い。
でも焼く時には卵焼き器を使うから持ってはいる。

銅製は使ってあげないとmなかなか馴染んでくれません。
だから、たまにだったらテフロンでも良いんです。

テフロンは熱伝導が良くないから
あまり膨らまず、フルフルにはならずべったりと焼き上がりますが、
銅製でぐちゃぐちゃにしてしまうより良い。

わかった上でテフロンを使って。
一人2本焼いてもらいました。

卵と出汁の比率違いで、だし巻き卵、卵豆腐、茶碗蒸しは出来ます。
そんなことをしっかり講義し、出汁を沢山入れただし巻き卵を焼くのです。

出汁を少なくすれば焼きやすいのはわかっていますが、
確実にやりにくい量の出汁を入れてトライ!

1本目はかなり悲惨なものもありましたが、2本目になると良くなってくる。
ほんとは3本焼かせてあげたかったけど、時間がかかりすぎて断念。

みなさん、後はひたすら練習ですよ。頑張ってね。

201503_5

肉じゃがの肉は、関西人のグーにとっては牛肉のこと。

初めて東京で注文した肉じゃがが豚肉だったのがショックで、
これは肉じゃがじゃない!と大騒ぎをした覚えが…。
こんなカルチャーショックにうろたえる。若かったなぁ~ (^^ゞ

ま、それがさておき、

グーの肉じゃがは20分あれば出来上がり。
手は抜いていません。簡単とも言えません。
ただ、必要の無いことをせず、押さえ処を押さえているだけ。

天むすは、買うものだと思ってたと言う人も居て、
基本のキではないかも知れないけど、
お米の研ぎ洗い、炊く時の水加減の話を入れるから、
この部分は基本のキ。

普通のお握りだと普段のものでご馳走感はないけど、
天むすになると、ちょっと別格。
天ぷら衣ではない、天むす用に衣を作り、揚げて、
ご飯と海苔で来るんで食べる。
手塩にかけるとは正にこのことですかねぇ。

201503_3


2人でペアを組んで2人分で書いてある料理を仕上げる。
料理によっては1人で2人分を作る。
そして出来上がった料理の1人分は試食に。
残りは持ち帰りパックにして、晩ご飯にする人次の日のお弁当にする人。

そんなワイワイガヤガヤの「基本のキ」クラスです。

201503_2


|

« 2月のレギュラーレッスン | トップページ | 村さんのボラで »