2017年12月20日 (水)

クリスマスマルシェ

バッグデザイナーのAcoさんの企画するクリスマスマルシェで
3種類のロールケーキをご紹介しました。

クリスマスだっつーのに、へそ曲がりなグーは和のテイストでhappy02

Img_2009

丹波の黒豆と栗ペースト。
栗の入り方が予想外だったけど、インパクトはありましたcoldsweats01

Img_2013

抹茶と大納言。
和風テイストの王道です。
抹茶は、質の高い清水一芳園の抹茶をたっぷり使用。
粒あんはもちろんグー製です。

Img_2011



国産ごまと柚子のピール。
ごまを入れすぎました~bleah
柚子ピールは無農薬を砂糖漬けした非加熱。
ほろ苦さが生きてます。

Img_2012


ごまと柚子ピールのロールケーキは、
2月のレッスンにしようかなーと思っています。

|

2017年11月30日 (木)

更科蕎麦と江戸野菜を味わう会

Img_1735


季節ごとに開催される江戸ソバリエ協会主催の「更科蕎麦と江戸野菜を味わう」会は、
回を追うごとに参加申し込みが増え、今や即満席になる人気イベントです。

3年目突入の今回9回目に使った江戸東京野菜は、
大蔵大根、千住葱、練馬大根、滝野川人参、三河島菜、馬込三寸人参、内藤唐辛子。

打ち合わせで決まった野菜の試作を重ね、
完成させたレシピと料理を持って更科堀井さんに行くのは毎回閉店後遅くcoldsweats01

ギリギリまでお待たせしてしまっていますが、
河合料理長は笑顔でお待ちくださってるんですよ~。残業ですよね、これってcoldsweats02

当日開催ギリギリまで修正することもありますが、今回もギリギリwobbly
河合料理長に感謝です。

開口一番は、総本家永坂堀井の社長のご挨拶。

Img_1710



江戸東京野菜代表の大竹先生の江戸野菜のお話は、
歴史から現状に至るまで、熱い説明がとても勉強になります。

Img_1686


料理写真はこんな感じ。

Img_1689Img_1692
Img_1693Img_1695
Img_1705Img_1708

2番目の千住葱と練馬大根・牡蠣の返し煮の写真が抜けています。
堀井さん絶賛の1品だったのに残念!

晒し千住葱は食べ放題で、追加必至のアイテムです。
今回は特に、残ったタレや汁にからめるとたまらなく美味しく、
切っても切っても追いつかないぐらいだったそうで、
ついお酒に合う味付けにしてしまう私が出ちゃったかな~wink

次回は2月。真冬の江戸野菜を味わえるのは20日21日の二日間です。

|

2017年11月28日 (火)

おひとり様お重の会

今年もお願い~、と、
大網白里のギャラリーテンさんからイベント依頼。

去年、とても好評だったとかで、
今年も、と、お客様からリクエストがあったそうです。

お正月料理をお皿やお重に盛り込む、
盛り付けを主体にした教室です。

皆さんに料理を作ってもらうことは時間的スペース的に出来ないので、
料理は作ったものを用意して、いざ、イベント開始!

Img_1802Img_1803
Img_1818Img_1806
Img_1808Img_1815
Img_1811Img_1825
Img_1824Img_1828


…と、まぁ、10種類のお料理を皆さんに、
まずはお皿に盛り込んでいただきます。

Img_1829


盛り込めたら、個々に盛り付けのアドバイスを。
それが終われば今度は、
おひとり様サイズの15cm角のお重に盛り替え。

こんな感じでね、と、私の盛り付け見本です。

Img_1835


ここでやっと、いただきま~~~すタイムです(^_^)V
オニオングラタンスープをコラボさせたお雑煮をお出しして❤

Img_1836


皆さんお帰りになったあとは、まかないタイムです。
おやつ時もとっくに過ぎた夕方になって、
やっとありつける~と飢えに飢えているのですが、
まずは写真写真♪

Img_1841001


準備が大変だけど楽しいイベント、今年も無事に終わりました(^_^)V

詳しい報告はギャラリーテンのブログをご覧くださいね(^_-)-☆

|

2017年10月30日 (月)

小川町で料理教室2

では続きを。coldsweats01


そして昨日、秋の料理教室をしたいという依頼を受け、
さつまいも料理のレッスンをしました。

月末、台風、寒い、など、出不精になる要因多々の中、
遠方からご参加の方々、お疲れ様でした✌️😉

「豚肉とさつまいもの重ね蒸し」は、オイスターソース風味のあんをかけた中華。
電子レンジで出来るのが忙しい人には大助かりの料理ですね。

20171029

 

 

 

「さつまいものアンチョビ風味サラダ」はほんのりカレー風味。
さつまいもの甘さをアンチョビの塩気が引き立ててくれます。
ホックホクのさつまいもだったので、その場でレシピを少々調整。

20171029_2

 

 

「さつまいものリゾット」はブイヨンを使わず水で仕上げ。
さつまいもが濃厚なおいしさだったのでブイヨンがない方がくどさのない味に。
ルッコラをたっぷり入れるとさつまいもの黄色がより鮮やかに引き立ちます。

20171029_2_2

 

「焼き芋のタルト」は、麺棒がまだ無かったので、型には手伸しで敷き込みcoldsweats01
でもその方が初めてさんには良かったようで、上手に焼き上がりました。
(これは東北で子供教室するときに使える!(^_^)V)

20171029_2_3

アットホームな雰囲氣だったので、
タルトの余った生地で胡桃のクッキーまで焼いちゃいましたlovely


さつまいもはとっても濃厚で、ホックホク。
ルッコラやわさび菜も元気いっぱい。
四街道のKIREDOさんもそうなのですが、
こう言う野菜がふんだんに使える実習会は貴重ですね。

次回は年明けて、いつ頃なのかまだわかりませんが、
お時間が許せば、ご参加くださいねwink

|

小川町で料理教室

埼玉県小川町にある、やしきぼっこは、
築100年あまりの民家をリノベーションしたコミュニティハウスです。

地域的に有機無農薬の野菜農家さんが多いようで、
野菜を活かした料理教室やカフェのようなことが出来れば、と、
みんなで使えるようなキッチンにするべく相談を受けたのが今年の初め。

それからは無い予算の中で出来るだけ設備を整えるアドバイスをし、
プレオープンしたのが4月半ば。

20171030_8


ゴールデンウイークから正式にオープンし、
オープンイベントのひとつとして小川町の有機野菜を使ったランチを担当。

十分な料を用意できるのは大根葉だというので、大根葉三昧メニューです。

20171030_1

20171030_6
20171030_520171030_420171030_320171030_2


そして昨日、秋の料理教室をしたいという依頼を受け、
さつまいも料理のレッスンをしました。

…というところでニフティのブログはキャパがいっぱい。
…と言うことで続く。

|

2017年10月16日 (月)

四街道でクッキング

昨日は野菜農家KIREDOさんのイベントで、
四街道で料理実習会でした。

旬の材料を使い回すことをテーマに、バターナッツ料理です。

バターナッツは瓢箪っぽいユニークな形で、
形重視で収穫されることが多く、
水っぽいだけで味がないと人気があまりないそうなのですが、
KIREDOさんのバターナッツは味が濃くなるまで収穫されません。
味重視だから、皮は所々シミがあったりします。

Img_1155_2


火を通したときの実の柔らかさ水分の多さは
日本かぼちゃの仲間だからでしょうね。
栗かぼちゃのようなしっかりした甘みがないので、
他の材料から飛び出したところがなく、
料理が軽い味に仕上がります。

そんなところを活かして、3品の実習です。

ぷっくり膨らんだ下の部分をケースにしてのグラタンは、
バターナッツ料理が紹介されるときの定番のようなものですが、
中はいろいろあるようですね。

豚肉がふっくらと焼き上がっているけど肉感がしっかり伝わる。
そんなグラタンにしてみました。
ほんのりとしたローズマリー風味は、
バターナッツと豚肉との相性が抜群です。
そして、まったく辛くないスイートハラペーニョが良い噛み応えです。

20171015_1

ご飯ものはバターナッツキーマカレーです。
短時間で料理でき、材料も特別なものはなく、
ブイヨンキューブやカレールーを使わず。
そんなカレーです。

一番の特徴は、昆布を材料として直接入れたこと。
バターナッツに旨味と食べ応えをプラスしました。

20171015_2

カレーが来ると添えはピクルスですよねwink

20171015_3

KIREDOさんは、
訳あって今の畑を手放して新しい畑を育てることになり、
同じ四街道の鹿放ヶ丘と言うところを新天地として
野菜作りだけでなく、いろいろな野望(?)を展開されるようです。

ますます楽しみ、大いに期待したいと思います。

|

2016年12月 6日 (火)

出汁の会@キレド

鰹と昆布をしっかり学ぼうと始めたグー出汁の会。

グーでの開催だけでなく、
リクエストがあればあちらこちらと出かけて行ってのレッスン。

四街道のおいしい元気野菜農家、
キレドさんでの出汁の会は今回が3回目。だっけかな?(あやふや(^^ゞ )

今回も熱心な方達が参加されるというので、
気を引き締めて会場であるベジタブルカフェ・キレドへ。

まずはキレド野菜がふんだんにいただけるランチプレートを食べて
エネルギーチャージしないとね❤

20160124_001


鰹と昆布の座学の後は、テイスティングです。
数多くの出汁比べに皆さん寡黙に真剣になる時間です。

20160124_002

試食にお出しする料理は、
もちろんキレドの野菜を活かした料理です。

20160124_00320160124_004

グーで使っている池田屋さんの削りがつおをお薦めすると、
昆布と合わせてキレドオリジナルの出汁セットを作られました。

20160124_005

若さあふれるキレドの栗田夫妻。
お茶目さんですwink

20160124_006

|

2016年12月 1日 (木)

グー流おせち料理@ギャラリーテン

火曜日のお仕事は、
千葉県大網白里のギャラリーテンの企画で
「グー流おせち料理」のイベントでした。

グーで作って持ち込んだ料理14品を、
現在展示中の作家の器に参加された皆さんがそれぞれに盛り付け、
出来上がった盛りつけを私が個々にアドバイス。
そのあとは、その料理と白味噌仕立てのお雑煮を召し上がっていただく。

最後にギャラリーテンオリジナルブレンドの珈琲を飲みながら
14品の作り方をメモメモ。そんなワークショップ的講習会。

参加者プラスαの30名分の料理は、
手のかからないものが多いとはいえ、
夕方から仕込み始めて徹夜になってしまいました。
そろそろ出発しなきゃー、きゃーきゃーとギリギリになって大焦りsweat01sweat01

車に積み込んで1時間前に到着すると休む間もなく仕込みの続き。
ギャラリーテンのスタッフに手伝ってもらったおかげで
涼しい顔して間に合わせることが出来ましたscissors
スタッフのお二人、毎回お手伝いくださりありがとうございます!

11時にスタートして終わったのは15時近かったかなー。
盛り付けアドバイスは、お一人お一人は短い時間なのですが、
それでも25名だとどうしても長くなってしまいます。

終わってからの賄いが何より楽しみなオーナーは、
15時頃になるとお腹がすきすぎて、ヘナヘナになってました(笑)

イベントも賄いも終わるとホッとしたのか、
帰りのドライブはエネルギー切れ。
そして晩ご飯が終わったとたん、すっかり燃え尽きた私。

ところがギャラリーテンのオーナーは、
食べて元気になったのか、夜にはブログをアップされているのですよ。

私には撮る余裕のなかった写真も満載の詳しい内容です。
これはもう、他人の褌を借りる他ありませんな✌️😁

…と言うことで、イベントの詳しいレポートや写真は、
オーナーのブログをご覧くださいね

|